Killarneyへの旅行(2)



Killarneyは、アイルランド共和国の南東にある観光地で、夏のバカンスで賑わう観光地。
近くにはレイン湖や古城があり、少し足を伸ばせばビーチもある。
また、Muckross Houseは、Killarneyから南に5kmほど離れた場所にあり、現在の所有者は分かりませんが、富豪の娘の嫁入りプレゼントだったとの事です。

※この小旅行は、アイルランドへ語学留学した時の記事です。

撮影日:2003年6月1日・2日


2003年06月01日(日) 3日目
当初の予定では、今日Corkへ帰る予定だったのだが、昨日の天気の悪さと今日の天気の良さに怒りを覚え、「もし1泊延長できたら」帰るのは明日にしようと思う。

日曜日の朝食は8時30分からと言う事なので、その時間に降りて行く。メニューは昨日と全く同じ。
B&Bのおばさんに、「1泊延長したいのですが」と聞くと、「問題無いよ、同じ部屋で良い?」
と言うではないか。即延長決定。

今日は、初日行けなかった「Muckross House」へ行くつもり。でもバスが無い。
再びおばさんに

私:「Muckross House」へ行きたいのですが、どう行けば良いですか?
オ:サイクリングかタクシーしか無いよ。ツアーバスも有るけど、午後からだし余り良くないと思うよ。
私:タクシーで行くといくらするのですか?
オ:10~12ユーロ
私:向こうで帰りのタクシーは拾えますか?
オ:拾えるとは思うけど、行きのタクシーの運転手に、頼んでおく方が良いよ。

と言う事で、タクシーで行く事に決定。しかし、一人旅の場合、こう言うときは高くついてしまう。

タクシーに乗り出発
昨日、偶然にタクシー乗り場を見つけていたので、そこに向かう。
運転手が、暇そうに雑談中。

私:おはよう
運:おはよう
私:Muckross Houseまで行きたいのですが
運:いいよ、前に乗りなよ。
私:いくら?
運:10ユーロ

私:お願いします。

【途中少し雑談】

運:帰りはどうする? 電話をくれれば迎えに来るよ。(名刺を渡される)
私:有難う、おじさんの携帯電話番号?
運:いや会社の番号、自分のはこれだから(名刺に番号を書いてくれる)
私:有難う
運:電話をくれれば30分位で迎えにくるから。


Muckross HouseWebサイト


Muckross House正面入口


建物の裏側、庭園が広がっている


庭園の先は湖になっている、プライベート・レイク・・・


ここはKillarneyの郊外で、湖の側にある広大な敷地を持つ屋敷。
豪華な造りになっており、中の家具類も当時の物が多いらしい。ガイドツアーで回ったが、解説によると20世紀になって、アメリカの富豪が、娘がアイルランドに「嫁入りしたお祝い」に買い与えたとの事。
一周には45分ほど掛かる。

内部の見学の後は、庭の見学。湖越しに見える山々が、実に美しい。とても個人の家だったとは思えない。
ちなみに、庭だけの見学だと無料。内部見学は5.5ユーロ。


Muckross traditional Farms

白い壁に赤い屋根、良いですね


こちらは黄色い壁の農家


この建物は鍛冶屋

うーむ、絵になる

ここは、Muckross Houseのすぐ側にあり、100年ぐらい昔の農村を再現した物。
中では、当時の服装をした人が、実際の生活を再現している(住んでいる訳ではない)。
だが、少し期待はずれ。 確かに嘘偽りはないが、かなりの距離を歩く割には、「農家」の数は少なく、それ程見て楽しい物ではない。 まあ、近代の物が視界から無くなっているし、「天気が良い日に」散歩がてら歩くのは良いかも知れない。
ここも有料、私の場合Muckross Houseとのジョイントチケットで8.25ユーロ。

(注:雨の日には行かない方が良いと思う、当然、泥道になる。)


タクシーでMuckross Houseから遊覧船乗り場まで
教えて貰った番号に電話し、出迎えを頼む。移動中なのかかなり聞き取り難い。
15分程で来るらしい。
今朝降ろして貰った場所で待つ。10分ほどで、似たようなタクシーが来た。
運:出迎えを頼んだ人か?

私:そうだが、ドニー(今朝の運転手)に電話したのだが
運:ドニーから頼まれた
私:ロス城(遊覧船乗り場)まで、乗せて下さい
運:いいよ

--以下雑談--

私:この時期、忙しいの?
運:忙しくなって来たとこかな
私:夏にはアメリカ人がたくさん来るのでしょ?
運:世界中から来るよ
私:日本人も来るの?
運:来るよ
運:今、Holidayかい?
私:今、Corkで英語の学校へ通っている
運:あんたの英語は良く分かるよ(お世辞かも知れないが嬉しい)
私:有難う、でも難しいくて
運:さっぱり分からない英語を話す人も多いから、それに比べれば上手いよ

--途中無線が入る--

運:今のはドニーからで、出迎えたか確認してきたよ

こんな感じで、無事ロス城へ到着。ちなみに10ユーロ。来る時もそうだが、メータを倒していない。
どう言う意味か分からないが、「賃送」では無く「ハイヤー」扱いの様だ。B&Bのおばさんの金額とも一致するので、ぼられていた訳ではなさそう。
好意的に解釈すると、主要観光地間は料金が決まっているので賃走にしないのかも知れない。


湖の遊覧

Ross Castleの裏から遊覧船が出ている

曇って風が強い湖は今ひとつ・・・


湖の小島に残る城跡?

ロス城のすぐ側から、湖上遊覧の船が出ている。
少し待って、2時に出発。ここも最初はガラガラで、営業の心配をしていたら、バスで団体さんが到着し一気に満員。1時間のクルージングへ。

この船も一人で操舵と解説をしている。もっとも、バスとは違い回りには何も無いし、実にゆっくり走るので、特に問題は無さそう。
関係ない話だが、湖上の小さな島にアベックがいたのだが、どうやって渡ったのだろう?
すこし風は強かったが、とりあえず景色を満喫。 アメリカ人らしい団体さんは、五月蝿かったがみんな楽しんでいた。


街への帰りと夕食
ロス城からは初日歩いた遊歩道を通り、街へ戻る。
4時前、今日も昼食を食べ損ねたので、異常に空腹。 とりあえずハンバーガーショップへ入る。
後で気が付いたが、去年も来た記憶がある。

WチーズバーガーとコーラMで約5ユーロ(700円)。 エイ、いい加減にせい!!
この前TVで放送していたが、アイルランドはヨーロッパの中で、物価が高い国の一つだそうだ。
また、中途半端な時間に食事をしたので、夜食を少し仕入れて、早めにB&Bへ戻る。
明日は、午前中にCorkへ戻り、休養しようと思う。


2003年06月02日(月) バンクホリディー 4日目
一日中晴れ時々曇り。Killarneyの朝は少し寒かったが、Corkに戻ると少し暖かい。
8時に朝食、しかし3日間同じメニューだと飽きがくる。
9時にB&Bを出発、10分ほどでバスターミナルに到着。途中、自転車のおじさんに、バスターミナルの直前で「バスターミナルはどこ?」と聞かれてしまった。
少し待って、9時30分Killarneyを出発。例のおじさんも、自転車をバスの荷物室に積み込み同じバスに乗った。ちなみにこのおじさん、ドイツ人で「ディングル半島、リングオブケリー」をまわって来たとか。

バスは初めて乗る車種。アイルランドからロンドンへ行くバスのお下がりと見た。内装が少しだけ豪華、でもかなり古い。
ほぼ満員の乗客を乗せ出発。もう一度ここの景色を見ることが有るのだろうか? そう思うと名残惜しい。
定刻どおり11時15分、Corkのバスターミナルへ到着。
11時30分のバスで家に帰る。休日の午前中のため、商店は殆ど閉まっているし、休日ダイヤのバスの少なさには困り物。ちなみに11時30分の次は12時50分。

家に着くと誰もいない。多分ホストマザーは「お昼寝タイム」。自分もメールチェックの後、しばしお昼寝。
いくら滞在先とは言え、2ヶ月も過ごした部屋、やはり落ち着く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。