小石川植物園


 小石川植物園へ行って来ました。
ここは、貞享元年(1684)に徳川幕府が設けた「小石川御薬園」が元になっており、後にドラマにもなった、赤ひげ先生で有名な「養生所」も作られた場所です。
現在は、「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」が正式名称です。
また、国指定の名勝及び史跡にも指定されています。

小石川植物園公式サイト
小石川養生所(wiki)
小川笙船・赤ひげ先生(wiki)

撮影日:平成28年4月26日

石川植物園

小石川植物園正門

国指定の名勝及び史跡

正門を入った所

ヤエヤマブキ

柴田記念館、詳しくはこちら

フジの花

品種名は「長崎一才」

新緑の小道、気に入りました

実は新緑の黄緑が大好き

サルスベリの木

つつじも咲いていた

東京大学総合研究博物館 小石川分館(旧東京医学校)参考

最後にもう一度新緑のトンネルを抜けて正門へ

 園内はかなり広く、舗装されている道もほとんど無いので、革靴やかかとの高い靴、街歩きの高い靴はお勧めしません。スニーカーが良いと思います。

小石川植物園への交通案内

最寄り駅
都営地下鉄三田線白山駅。
駅からは坂道を徒歩15分程。

東京駅から
東京メトロ丸ノ内線で茗荷谷駅下車、約1km、徒歩15分程 (地図)
または
都営地下鉄三田線大手町駅で乗車、白山駅下車。
または
中央快速線→御茶ノ水駅→総武線→水道橋駅→三田線→白山駅

横浜方面から
品川駅で山手線内回りへ乗り換え、田町駅=三田駅で三田線に乗り換え。

新宿駅から
JR中央総武線で水道橋駅で三田線に乗り換え。

渋谷駅から
JR山手線外回りで新宿駅乗り換え。
または
JR山手線内回りで目黒駅で三田線に乗り換え。


小石川植物園の地図、大きな地図はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。