ヨーロッパを旅しよう ベルゲン1

2003年07月04日(金) 天気は快晴

 5時半に目が覚めた。しばらくボッとして起床。
朝食後、8時半出発。今日は、Bergenまでの移動。7時間以上かかる。
列車の時刻は、10:43なので急ぐ必要も無いのだが、8時半過ぎに出発。理由は、部屋にいると寝てしまいそうだから...
当然待ち時間が有るが、荷物も有るので駅でまたボッとする。この駅も、直前にならないとホームの表示が出ない。


Bergenへの列車
 10:15、ホームに列車到着。機関車が引くタイプで、空港線のような新型車両でない、つまり古い。中はかなり広く乗りごごちも悪はないが、山岳地を走る為スピードは遅い。
10:43、定刻どおり発車。この列車インターネットで予約してあるので切符は持っていない。

 検札に来たので車掌に言うと、何とか分かってくれた。本来インターネット予約の客には事前にレシートを準備して検札の時渡す仕組みらしいが、何故か私の分が無い。大丈夫かノルウェー国鉄のコンピュータ! 帰りも心配。

 車内販売で、コーヒーとカップケーキを購入(32DDK)。車窓は何となく北海道に似ていて、家が見えなければ尚更似ていると思う。天気も上々、日が入ると暑いぐらい。
前半は大した事は無いが、後半景色は一変。雄大な景色が広がり、残雪の峰々、険しい谷、森の中の家々、何処を見ても絵になる。
 途中から乗ってきた子供たちが、車内で運動会を始めた。母親は足を投げ出して寝ている。ただ、途中2回ほど持っていた飴を勧めてくれたし、決して悪ガキと言う事では無いようだ。

峠越え


Bergen到着
 18:00、定刻どおりBergen到着。
思っていたより大きい街。快晴で歩くととても暑い。
ホテルは駅の目の前、何でも「歴史的建造物」らしい。ロケーションは最高だが、フロントは少し無愛想。部屋は広いが、そんなにキレイでは無いし暑い。でも冷蔵庫もあり、まあまあと言った所。

泊まったホテル


Bergenの街 
少し休憩して散歩。繁華街まで約10分。
途中公園もありキレイ。ここが中心地でかなり賑やか、ホテルも沢山ある。それに比べると駅前は少し寂れている様な気がする。

 世界遺産のブリッゲンに入って見る。木造の相当古い建物。何処のレストランも混んでいるし良く分からないのでホテルに戻りレストランに入る。
何でも、「今日は団体さん(日本人)用にBuffetだけしかメニューが無いけど、良ければどうぞ」との事。180NOK、ビール35NOK。段々金額にマヒしてきた。

 夕食後、さっさと部屋に戻り、シャワーを浴び、8時には寝てしまった。7時間の移動は疲れる。

ベルゲンの街

公園

ブリッゲン



2003年07月05日(土) 天気は上々 

 6:30起床、7時過ぎに朝食。
代わり映えしないが、品数・パンの種類は多い。食後一服する為外へ、少し寒いがとても気持ちが良い。
8時過ぎ出発、飲み物を補給し駅に戻ると列車が到着している。今日は、今回の旅行の最大のイベントである、「ソグネフィヨルド」ツアーへ行く。


Bergen - Myrdal
 ローカル線の列車、中は2列+3列の座席構成。混んではいない。
昨日7時間掛けて来た道程を2時間戻る。昨日とは反対側に座り、景色を堪能。11時過ぎMyrdal到着、フロム鉄道の列車が待っている

車窓風景


Myrdal - Flam
 フロム鉄道に乗換える、すぐに出発。さすがにやや混んでいる。
この列車、とにかく忙しい。右・左と絶景が広がる。その度に乗客は移動し写真をとる。自分も同じ。
途中のMyrdalの滝では、臨時停車し降りて写真撮影が出来る。水しぶきが凄いがお構いなし。
しばらくすると音楽が流れ始め、滝の近くに「セイレーン」が現れる。中々の演出。
隣にいたアジア系のお姉さんに、写真を撮ってくれと言われる。11:50、1時間ほどでFlam到着。

フロム鉄道の車窓風景1

Myrdalの滝

フロム鉄道の車窓風景2


Flam - Gudvangen
 Flamでいよいよフィヨルドツアーの船に乗り換え。
本当は、15:00の船なのだが、13:25の一本早い船に乗る事にした。とにかく天気は最高

 昼食は、テラスでサーモンのオープンサンドウィッチとコーラ(72NOK)。この景色込みなら納得。例のアジア系のお姉さんは、持ってきたピザのような物を食べていた。
確かに若い人にはこの物価高、かなり堪えると思うし、対策を取らないと旅行するのも大変。

フロム鉄道の車両

船の乗り場

ランチ

Flamからの風景


 13:25出航、とにかく絶景の連続。言うこと無し。天気も最高、ああ来て良かった。15:45、15分遅れて到着。

フィヨルド1

フィヨルド2

フィヨルド3

滝、この水を飲むと良いらしい

フィヨルド4


Gudvangen - Voss
 港にはバスが待っている、満席。でも3台待っていた。
15:52発、ここからVossまでの道、途中峠越えをするのだが、この道が凄い。
バスは時速10Km/h程度。バスは道一杯使って通って行く。ちなみにドライバーは女性、エンストはご愛嬌。
発車が遅れたので、頂上のスタルハイム・ホテルでの休憩(写真タイム)が無くなってしまった。とても残念。
 ここの景色もとても有名。 船長、遅れる理由は無いだろうが!! 16:50、Voss着

スタルハイム(車窓)


Vossの街
 列車は19:20まで無い。つまり1本早い船に乗っても、結局同じ列車にしか乗れないと言う事。
駅で日本人のおばちゃん達が、列車が無いと騒いでいる。駅に張ってある時刻表が古い。
他の人が英語で説明しているのだが、おばちゃん理解できず、代わりに説明してあげた。

 ガイドブックに、ここのロープウェーで登った山からの景色が良いと書いてあったので、ロープウェー乗り場へ。
でも、17:00で終了...
 乗り場が少し高台なので、そこからの景色で妥協する。時間を持て余す。19:00近くなっても列車が来ない、有るのはFlam鉄道の列車、何故?

Vossの街

Flam鉄道の車両


Voss - Bergen
 みんなこの列車に乗り始めたし、例のアジア系のお姉さんも乗っているので、恐る恐る自分も乗る事にした。
かなり混んでいるので、お姉さんの前に座り、この列車で良いのか聞いて見た。
お姉さん曰く、「大丈夫、確認した」との事。Bergenまでの約1時間、お姉さんとおしゃべりをする。
しかしこの人、やけに発音が良い。聞くとオーストラリア在住とか、中国系で親の代に移住したらしい、納得。
 既にヨーロッパ各地、ノルウェーも北から順に見てきたとの事。情報を色々聞かせて貰い、とても参考になった。英語がしゃべれて良かった。
20:40、Bergen着。


夕食
 ホテルのレストランが開いていなかったので、夕食の為外へ出る。
パッとしたレストランが無い。仕方なく今回始めて、マックのお世話に。2個で73NOK、スコットランドのPub並。この国では、マックは決して安い物では無い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。